トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

「崩れ」リスト/大谷崩

大谷崩(おおやくずれ)

 基礎情報

所在地

静岡県静岡市葵区

所轄

  • 国土交通省中部地方整備局静岡河川工事事務所

概要

大谷崩は安倍川源流部にある大規模崩壊地である。その崩壊の規模は1億2千万立方mに達するといわれており、日本三大崩れの一つとして数え上げられる崩壊地である。

崩壊の発生時期は明確に判明していないが、500年以上前にはすでに崩壊が始まっていたのではないかとされ、1707年10月に発生した宝永地震により大規模な崩壊が発生、現在の姿になったと考えられている。

幸田文が「崩れ」を著すきっかけになった崩壊地である。

アクセス

「扇の要」と呼ばれる崩壊地の中心近くまで自動車で行くことができる。観光や登山を目的に訪れる人が多いため、時期に寄っては駐車できるスペースが一杯ということも。

 主な出来事

1707年

宝永地震により大規模な崩壊が発生。

 参考資料・リンク

文献

  • 幸田文著 『崩れ』

リンク

 地図

国土地理院 地形図

梅ヶ島(2万5千分の1)

Google Maps